まさに”13日の金曜日”…仮想通貨ビットコイン暴落で自信喪失 |サーキットブレイカー不在は致命傷かについて




まさに”13日の金曜日”…仮想通貨ビットコイン暴落で自信喪失 |サーキットブレイカー不在は致命傷か

まさに縁起が良くない「13日の金曜日」を文字通り表したような仮想通貨相場だった。13日朝からビットコイン(BTC)は一段安となり一時4000ドルを下回った。現在は大幅反発して5500ドルを回復しているものの、1ヶ月前のほぼ半分となっている。著名テクニカルアナリストであるアレッシオ・ラスターニ氏とピーター・ブラント氏は相次いで仮想通貨市場からの退場。サーキットブレーカー不在が響いたとする見方も出ている。

記事引用元
まさに”13日の金曜日”…仮想通貨ビットコイン暴落で自信喪失 |サーキットブレイカー不在は致命傷か