Zaifが人気女優を起用したTVCMをリリース開始し、関連銘柄が高騰について




Zaifが人気女優を起用したTVCMをリリース開始し、関連銘柄が高騰

Zaifが人気女優を起用したTVCMをリリース開始し、関連銘柄が高騰
Zaifが人気女優を起用したTVCMをリリース開始
人気女優の剛力彩芽さんを起用したZaifのTVCMが話題を呼んでいます。
ZaifトークンとCOMSAが急騰
新しいTVCMの発表を受け、Zaifに関連した銘柄であるZaifトークン、CMSトークンがそれぞれおよそ50%、20%の急騰を見せています。

本日2018年2月16日、日本の大手仮想通貨取引所の一つであるZaifが、人気女優の剛力彩芽さんを起用したTVCMの動画を公開いたしました。

Zaifを運営するテックビューロ社はこれまでにも、お笑いコンビのかまいたちを起用したTVCMをリリースしており、さらなるユーザー獲得のためメディアへの広告進出も盛んです。

ZaifトークンとCMS(COMSA)トークンが急騰

ZaifのTVCMリリースを受け、Zaifトークンは前日比でおよそ50%、CMSトークンはおよそ20%値上がりしている模様です。

Zaifトークンは取引所で用いられるトークン、CMSトークンはテックビューロ社が手掛けるICOソリューション「COMSA」での使用を想定されたトークンであり、Zaif関連銘柄への期待と注目が高まっていると考えられます。

COMSAについての詳しい説明はこちら↓

日本発ICOプラットフォーム 取引所Zaifを運営しているテックビューロー社が発表したICOソリューションです。 企…

金融庁の立入り検査

仮想通貨取引所CoincheckのNEM流出騒動を受け、金融庁が国内の仮想通貨取引所を運営する会社へ立入検査を新たに始めました。

2018-02-15 15:30

今回の調査では、金融庁に登録されている「仮想通貨交換業者」と「みなし仮想通貨交換業者」が検査対象であり、仮想通貨資産の管理方法や、顧客のプライバシー保護など、健全で強固な運営が持続できるかを精査する方針です。

現在、テックビューロ社が金融庁の立入検査を受けており、その動向にも注目が集まっています。

他の取引所に先立ってテックビューロ社が検査対象に上がったこともあり、顧客の不安を招いていましたが、今回の大々的なTVCMリリースから鑑みるに、その状況は大きく好転したと考えては良いのではないでしょうか。

2017-09-10 11:00

記事引用元
Zaifが人気女優を起用したTVCMをリリース開始し、関連銘柄が高騰



クラーケンCEO「仮想通貨市場の時価総額は2018年中に1兆ドルになる」

クラーケンCEO「仮想通貨市場の時価総額は2018年中に1兆ドルになる」
クラーケンCEO、仮想通貨市場が2018年中に1兆ドルに到達すると予想
クラーケンCEOのJesse Powell氏は2月13日、世界政府サミットにて、仮想通貨市場の時価総額は2018年中に1兆ドル(約106兆円)に達すると予想しました。
クラーケンCEO、自社の取扱通貨は安全であると明言
Powell氏は同サミットにて、投資家に自己責任の投資を呼びかける一方で、自社の取扱通貨は綿密に精査された安全な通貨であると明言しています。

2月13日の世界通貨サミットにて、クラーケンCEOは仮想通貨市場の時価総額が2018年中に1兆ドル(約106兆円)に達すると予想しました。

2018年2月16日現在、仮想通貨市場の時価総額は約5000億ドル(53兆円)で、この予想は現在の2倍の規模に相当します。

また、自社の新規上場通貨は綿密に調査された安全な通貨であると明言しました。

クラーケンCEO、自社の新規上場通貨は「ほぼ間違いなく安全」と明言

大手仮想通貨取引所クラーケンのCEOであるJesse Powell氏(以下、Powell氏)は、ビットコインやイーサリアム、ネオなどの仮想通貨への投資を考えている人に対し、自己責任で投資をしなければならないと注告しました。

彼は、2月13日にCNBCに対して以下のように語っています。

最終的に消費者は、各自で用心し、各仮想通貨のファンダメンタル分析を行い、特定の取引所に依存しないことが市場のボラティリティから身を守るために必要であると思います。

さらにPowell氏は、2月13日にドバイで行われた世界政府サミットにて、すべての仮想通貨は、クラーケンのプラットフォームで取引が開始される前に、同社にて「綿密に」評価されるため、新規上場通貨は「ほぼ間違いなく詐欺ではない」と語りました。

一方で彼は、仮想通貨市場が急速に伸びていくのと同様に、様々な状況も急激に変化し得ると言及し、以下のように続けました。

私達は、どの仮想通貨の将来も保証していません。10分の間に10億ドル(約1060兆円)を動かしただけでも様々な状況が変わってくるのです。

先日、仮想通貨市場では狼狽売りが起こり、Powell氏自身も投資家達に自己責任での投資を呼びかけていますが、それでもなお仮想通貨市場は今後も伸びていくだろうと考えています。

仮想通貨市場の時価総額は2018年中に1兆ドルに

2月13日にCNBCに対して、仮想通貨市場の時価総額は2018年中に1兆ドル(約106兆円)に達するのではないかと予想しています。

現在多くの学生達が仮想通貨プログラムを卒業してきています。

したがって、今後もこの指数関数的な伸びは続くでしょう。

サンフランシスコに拠点を持つ取引所プラットフォームのCEOによる警告は、欧州の銀行・証券・保険・年金の金融監督当局(ESAs)による警告と比べると易しいものであったと言えます。

2月12日に監督当局は、消費者に対して警告を行い、業界内で投資家達が直面し得るリスクについて以下のように言及しました。

ESAsは、仮想通貨は非常にリスクが高く規制されていない商品であり、投資、貯蓄、老後計画には適さないことを消費者に警告します。

当局は、仮想通貨や取引所が現時点でEU法によって規制されていないことを強調しました。

これは、もしクラーケンのような取引所が急に廃業に陥ったり、以前にもあったようにハッカー攻撃にあった場合、何の保証も受けられないことを意味します。

一方で、Warren Buffett氏(以下、Buffett氏)は、同様にバブルや保証についての問題を指摘し、ビットコイン及び、仮想通貨が悲惨な結末をもたらす可能性があることを警告をしています。

CNBCはBuffett氏の所感に対して、Blockchain Technologies CorporationのCEOを務めるNick Spanos氏の回答を引用しました。

Buffett氏がやっていること全般に関しては優れていますが、私達がやっているのは全く別のビジネスなのです。

Spanos氏は、仮想通貨の動向は非常に早いと言及しています。

仮想通貨は人々の金融からの独立宣言でなのです。

Kraken CEO Advises Investors to Act Responsibly, Predicts a $1 Trillion Crypto Market Cap in 2018

Feb 14, 2018 by RICK D

参考記事はこちらから

記事引用元
クラーケンCEO「仮想通貨市場の時価総額は2018年中に1兆ドルになる」



NEC:毎秒10万件超の取引を可能にするブロックチェーン技術を開発

NEC:毎秒10万件超の取引を可能にするブロックチェーン技術を開発
NECの新技術の優れたスピード・規模・安全性
NECは大規模接続環境下で、毎秒10万件以上の記録性能を達成するブロックチェーン向けの合意形成アルゴリズムを開発しました。NECの新技術は規模、スピードの面で優れているだけでなく、情報の公開範囲を制限できたり、IoTデバイスの高速なデータ参照を可能にしています。
NECの新技術によって新たなビジネスがブロックチェーン上で実行される
パフォーマンスの高いNECの新技術を用いれば、ブロックチェーンの所々の制約により導入を断念してきた企業が、ブロックチェーンを通してビジネスをするようになるかもしれません。

2月15日、NECは自社のプレスリリースで、毎秒10万件以上の取引記録性能を達成する世界最速(※NEC調べ)のブロックチェーン向け合意形成アルゴリズムを開発したと公表しました。

NECおよびNEC欧州研究所は、取引記録に参加するノード数200ノード程度の大規模接続環境下で、毎秒10万件以上の記録性能を達成する世界最速のブロックチェーン向け合意形成アルゴリズムを開発しました。

これは、世界規模のクレジットカード取引を支えるシステムとして必要とされる毎秒数万件を超える性能であり、ビジネス用途でのブロックチェーンの本格的な活用を加速する技術です。

引用情報元:NEC プレスリリース

NECの新技術は何がすごいのか?

NECの新技術は以下の3つの点で優れています。

記録速度と参加ノード数

一般に、ブロックチェーンの記録速度と参加ノード数にはトレードオフの関係があります。

ビットコインのブロックチェーンには誰もが自由に参加できますが、毎秒約7件の記録速度が限界であるとされています。

記録速度が速いビジネス向けのブロックチェーンであっても、参加ノードが数十件増加すると、記録速度は激しく低下してしまいます。

一方、NECの新技術では、200ノード程度の大規模接続環境下で、毎秒10万件以上の記録速度が達成可能です。

VISAカードがトランザクション数でさえ、毎秒4000~6000ほどであることを考慮すると、この技術はビジネスにも十分適用可能であることがわかるでしょう。

安全性

多くのブロックチェーンは、全ての参加者がブロックチェーン上の全ての取引記録を見ることができるため、個人情報や企業秘密を記録することができません。

NECの新技術では、取引情報の公開範囲を限定し、関係者外にデータを公表しない仕組みが導入されています。

IoT

IoTデバイスがブロックチェーンのデータを参照する際、個々の参加ノードが故障などにより、実際の記録とは異なる情報を回答する場合があります。

これを防ぐために、IoTデバイスは複数のノードから回答を集め、情報の整合性を取っています。

そのため、処理能力が低いIoTデバイスにとって、大きな負担になります。

NECの新技術は、この問題点にも対処し、IoTデバイスからの高速参照を可能にしています。

新技術をどのようにして実現するのか?

NECの新技術は、優れたパフォーマンスを実現するために以下のような仕組みを作っています。

記録速度と参加ノード数

トラステッドハードウェア(TEE)のセキュリティ機能を最大限に活用して、参加ノードが合意形成するために必要な通信量と通信回数を削減しています。

TEEは、メモリ空間の一部を特定のプログラムからしか読み書きできない領域として保護する機能です。

たとえ管理者権限があってもその領域は読み書きできないため、サーバやPCが攻撃者に乗っ取られても、その領域内で行われる処理は正しいことが保証されます。

安全性

取引情報を全参加ノードに一律に公開するのではなく、取引情報の公開範囲を限定できる仕組みを開発しました。

これにより、特定グループ内の取引情報はグループに属するノードにのみ公開するという制御が可能になります。

IoT

IoTデバイスがブロックチェーン上のデータを参照の際にも、各参加ノードのTEEを活用して、高速な検証を可能にしました。

新技術はどのように利用されるか?

NECの新技術では、大規模接続環境下で超高速の記録が可能であり、参加ノード数や処理速度の制約から、ブロックチェーン導入を断念してきたケースにも適用可能かもしれません。

NECは金融機関との実証実験を進めるとともに、金融以外への社会インフラで求められることを実現するようなブロックチェーン開発にも取り組んでいます。

記事引用元
NEC:毎秒10万件超の取引を可能にするブロックチェーン技術を開発