★WO TOKEN★
↑ クリック ↑

2月8日の価格上昇仮想通貨(QVT・CVC・SAN)について

2月8日の価格上昇仮想通貨(QVT・CVC・SAN)

2月8日の価格上昇仮想通貨(QVT・CVC・SAN)
今日のアルトコインの上昇銘柄
本日上昇はQvolta (QVT)、Civic (CVC)とSantiment Network Token (SAN)の3つで、仮想通貨全体が下向きな状態の中で上昇している通貨3つを紹介します。一番下に今後のイベント日程一覧を掲載しています。

今日の注目通貨と相場

本日価格を伸ばした注目通貨を紹介します。

Qvolta (QVT)

2月8日 約71.9円から約105.5円で約46%上昇しました。

上昇理由

目立った情報はなかったのですが、QVTはP2P取引を提供するプラットフォームで法定通貨から仮想通貨にも変えることが可能です。

ここ最近中央集権型取引所の規制が相次ぎ、DEXなどのプラットフォームを求めるユーザーが多く、プラットフォーム系通貨が上昇している傾向があるように思えます。

Qvolta (QVT)公式サイト

Civic (CVC)

2月8日 約37.4円から約51円で約36.3%上昇しました。

上昇理由

Civicは仮想通貨業界では有名な仮想通貨ジャーナリストであるVinny Lingham(ビニーリングハム)が発表していて、スムーズな個人認証(ID)を可能にした仮想通貨です。

そのCivicが公式Twitter上でベータ版のウェブサイトを立ち上げ、Civic IDを利用したSing inが可能になったとアナウンスがあり、実用化に向けて着々と進んでいるのも価格上昇の1つの原因かと思われます。

Civic公式HP

Santiment Network Token (SAN)

2月8日 約146円から約207円で約41.7%上昇しました。

上昇理由

上昇理由としては大きなものは見られなかったので、紹介という形になりますが、Santiment Network Token (SAN)は仮想通貨市場の情報や分析結果を提供するコンテンツを購読するするときにSANを支払い、逆に提供した場合は報酬としてSANを貰うという仮想通貨データベースを提供するプラットフォームになります。

リアルタイムで質の高い、証拠がある仮想通貨の情報をすべての人へ提供できることを可能にする目的のようです。

2017年7月に行われたICOでは45,000ETHを集め、MAXCAPを調達したこともあり、市場の関心が高いトークンです。

Santiment Network Token (SAN)公式サイト

今後の各主要通貨のスケジュール表を掲載していますので、参考にご覧ください。

情報が入り次第、随時更新していきます。

2017-10-28 20:00

記事引用元
2月8日の価格上昇仮想通貨(QVT・CVC・SAN)



ライトコイン(LTC)の価格上昇が期待されている理由

ライトコイン(LTC)の価格上昇が期待されている理由
新しい決済サービスとAliantの統合
LitePay及び、LitePalによるライトコイン(LTC)は、新しい決済処理サービスがLTC加盟店のさらなる増加や、Aliantの決済システムがLTCと統合することで、一層の注目を浴びています。
下落期のハッシュレート上昇
ライトコイン(LTC)は、仮想通貨が下落期にあった中でも、史上最高のハッシュレート及び、セキュリティを記録、130TH/秒で日々強固になってきています。

LitePay及び、LitePalによるライトコイン(LTC)は、新しい決済処理サービスがLTC加盟店のさらなる増加や、Aliant決済システムがLTCと統合されることにより、一層の注目を浴びています。

またライトコイン(LTC)は、仮想通貨が下落期にあった中でも、史上最高のハッシュレート及び、セキュリティを記録しました。

実際、Eコマースの大手であり、WordPressの所有者でもあるWooCommerceは、加盟店が自身のビジネスで決済を受け取ることができる複数のプラグインを持っており、ライトコインが競合の中で頭一つ抜きん出ていると語っています。

下記にあるのが、Litecoin FoundationのFranklin Richard氏のツイートです。

ライトコインのハッシュレート及び、ネットワークセキュリティは史上最高値を更新しており、130TH/秒で日々強固になってきています。

LitePay、LitePal

LitePayは2月中に、LitePalは2018年後半に開始予定です。LitePalは、下記の記述にもある通り、おそらく最も注目されるものとなるでしょう。

「LitePalは、ライトコインで最初の決済処理機能を担います。私達は、一つに合理化され、シンプルで、複雑でない過程を持つライトコインが世界中の加盟店によって使用されている仮想通貨の世界を見据えています。@SatoshiLite LTCを作ってくれて、ありがとう、私達はみんなこの通貨が好きです!」

新しい取り組みは、潜在的な利用者数に着目するべきですが、Paypalや、ウエスタンユニオン、ビットコイン(BTC)との互換性を持ち、LitePalが多くの新規参加者をライトコインネットワークに引き入れると公約していることからも、期待感が伺えます。

Aliantの決済システムとの統合

アメリカ基盤の決済代行及び、決済処理サービスを提供するAliantは、Litecoin(LTC)での決済サービスを提供することを公表しました。

彼らは、2017年後半にビットコイン(BTC)及び、イーサリアム(ETH)での決済を追加し、ブロックチェーン技術に適応した最初の”既存の銀行”システムの一つでもあります。

AliantのCEOであるEric Brown氏は、ライトコイン及び、一般的な仮想通貨について興味深いコメントをしています。

彼は、Charlie Lee氏が献身的な支持者であったように、ライトニングネットワーク及び、SegWitの採用に対して興味を持っていると語りました。

「私達は、ライトコインが日常的な支払いの方法の一つとして発展すること、レストランや、バー、ガソリンスタンド、カフェなど、日常的に行く場所にて、ライトコインで支払いが可能になることを望んでいます。」

AliantのCEO、Eric Brown氏は、現在ライトニングネットワークに加え、ビットコインとライトコインの間でアトミックスワップが開発されており、ビットコインを利用する加盟店がLTCを拒否する理由がないことを主張しています

市場調査

ライトコイン(LTC)は、2017年で最も成功した通貨の一つであり、その値上がり率は7500%を超え、時価総額を第4位に押し上げる場面もしばしば見受けられました。

この背景としては、ライトコイン(LTC)が「可能な選択肢の中で、最も低い送金手数料であった」ことが挙げられます。

”可能な選択肢の中で”というのは、ライトコインの取引所採用率が全仮想通貨中で第3位に位置付けており、多数の取引所がライトコインの取引を行なっていることに起因しています。

多くの人が、Ripple(XRP)やステラー(XLM)が最も低い手数料であると主張するかもしれませんが、これらのトークンはライトコインと同等の採用率にまでは達していません。

仮想通貨初期に作られた通貨として、大きな利点を獲得している点も魅力です。

今のところ、SEC(米証券取引委員会)及び、CFTC(米商品先物取引委員会)が、仮想通貨全体を次のステージに導くような対応を取るかは定かではありませんが、仮想通貨全体が上昇トレンドを維持した場合、数ヶ月に渡ってLTCが注目されることになりそうです。

Why will Litecoin (LTC) reach $1000 USD Sooner than you think – Newcomers

Feb 7, 2018 by Pedro Bernardo

参考記事はこちらから

ライトコインニュース一覧

記事引用元
ライトコイン(LTC)の価格上昇が期待されている理由



韓国最高裁判所が仮想通貨規制訴訟の審判を開始

韓国最高裁判所が仮想通貨規制訴訟の審判を開始
仮想通貨規制に関する訴訟が最高裁へ
仮に最高裁が規制が違憲もしくは違法だと判断すれば、政府による既存の仮想通貨規制は破棄されます。
実名システムは不公平?
銀行はUpbit、Bithumb、Coinone、Korbit社の口座だけに変更対応するため、それ以外のマイナー取引所が実名システムを利用することは不可能です。

憲法裁判所に提出された仮想通貨規制に関する訴訟は、最高裁に上告されました。

仮に最高裁が規制が違憲もしくは違法だと判断すれば、政府による既存の仮想通貨規制は破棄されます

最高裁判所に上告

昨年12月末に韓国政府に対して仮想通貨規制に関する憲法訴願が提起された訴訟は、憲法裁判所から最高裁判所に上告されました。

Jeong Hee-chan弁護士は、『法的根拠なしに仮想通貨取引を規制することは財産権の損害だ』と主張しました。KoreaTimes紙は、Jeong氏の法律事務所を引用し、以下のように報道しました。

『政府による規制が取引を困難にし、仮想通貨の価値を下げています。よってこれは政府による違法的措置で、財産権の侵害です』

さらにJeong氏は、以下のように述べました。

『規制は必要ですが、まずそれに関連する法律を定めることが先です。また署名活動は政府が人々の財産権を尊重し新しい規制を定めるべきだという要請です』

実名システムは不公平か

仮想通貨規制の一部として、政府は仮想通貨取引所口座に実名登録を義務化するシステムを導入しました。

このシステムは1月30日から実行されています。

規制者によると、仮想通貨取引所で取引のための預け入れをするには口座に実名登録をする必要があります。

導入一週間後、韓国のトップ取引所4社の実名登録率は8.21%で、実名未登録口座は160万に上ります

さらに、銀行はUpbit、Bithumb、Coinone、Korbit社の口座だけに変更対応するため、それ以外のマイナー取引所が実名システムを利用することは不可能です。

The Economic Review紙は、以下のように詳述しました。

『より大きな問題は仮想通貨実名システムの不公平さだ。

政府は仮想通貨実名システムを制定した根拠を明確にするべきだ。

憲法における国民の基本的権利は、国会が定める法律によってのみ制限される』

さらにTop Star Newsは、『政府は銀行法と金融情報法のみを判断基準とし実名システムを合法化した』と述べています。

仮に最高裁が規制が違憲だと判断すれば、政府による既存する仮想通貨規制は破棄されます。

Economic Review紙によると、訴訟の裁判は180日掛かるので結果は6月までにはわかるそうです。

Korean Supreme Court to Judge Whether Crypto Regulations Are Unconstitutional

02/08/18 by Kevin Helms

参考記事はこちらから

記事引用元
韓国最高裁判所が仮想通貨規制訴訟の審判を開始



★SCF TOKEN★
↑ クリック ↑