2月1日の上昇注目通貨について




2月1日の上昇注目通貨

2月1日の上昇注目通貨
今日のアルトコインの上昇銘柄
本日上昇はIDNI Agoras (AGRS)と旧Raiblocks→新Nano (XRB)の2つで、仮想通貨全体が下向きな状態の中で上昇している通貨2つを紹介します。一番下に今後のイベント日程一覧を掲載しています。

今日の注目通貨と相場

本日価格を伸ばした注目通貨を紹介します。

IDNI Agoras (AGRS)

1月31日から2月1日 約269.07円から約340.16円で約26%上昇しました。

上昇理由: 詳しい詳細が出てこなかったのですが、ZENNETの開発陣が作ったP2Pベースの分散型取引所のTauchainと、今回の上昇通貨Indi Agoras(AGRS)のホワイトペーパー上で記載のあったイベントに合わせて上昇したものと見られます。

IDNI 公式サイト

旧Raiblocks→新Nano (XRB)

1月25日から2月1日 約1408.93円から約2183.83円で約50%上昇しました。

上昇理由:1月31日にRaiblocksからNano(XRB)へのリブランディングがあり、それに向けて上昇しました。

Lisk(LSK)も2月20日にリブランディングが行われる予定で、仮想通貨相場にも左右されると思われますがXRBと同じように、リブランディングの日にちに向けて価格上昇していくことが予想されます。

Nano公式サイト

2017-11-27 22:00

今後の各主要通貨のスケジュール表を掲載していますので、参考にご覧ください。

情報が入り次第、随時更新していきます。

2017-10-28 20:00

記事引用元
2月1日の上昇注目通貨



BittrexがUSD(米ドル)ペア対応を検討?CEOがテザー社の問題を受けて発言

BittrexがUSD(米ドル)ペア対応を検討?CEOがテザー社の問題を受けて発言
BittrexでUSDペアが誕生?
CEO Bill Shihara氏がUSD(米ドル)ペア対応を検討すると発言しました。市場全体でUSDT(USD Tether)、テザー社に対する不信感が募っており、もしBittrexでのUSDペア誕生が実現し、成功を収めたとすると、他にも後追いする取引所が現れるかもしれません。

BittrexのCEO Bill Shihara氏がPodcastでUSDペア対応を検討すると発言しました。

テザーの騒動を受けての発言か?

Tetherは監査企業であるFriedman LLPとの関係が解消されたことが話題になり、何人かのアナリストはもしビットコイン価格がTetherトークンによって人工的に肥大化されているのであれば、ビットコイン価格は80%程下落する可能性もあると言及しています。

2018-01-30 20:53

更には昨年12月にCFTC(米商品先物取引委員会)からビットフィネックス(Bitfinex)とTetherに召喚状が送付されていることが判明しています。

CFTCがビットフィネックスとテザーに召喚状 疑惑の渦中にあるTetherがついにCFTC(米商品先物取引委員…

これらの騒動を受けての発言だと思われます。

海外ではこの情報はコインチェックのハッキング事件よりも危険視されていて、下落価格も実際に事件時の下落率を超えています。

現状市場全体でUSDT、もしくはテザー社に対する不信感が募っており、もしBittrexでのUSDペア誕生が実現し、成功を収めたとすると、他にも後追いする取引所が現れるかもしれません。

記事引用元
BittrexがUSD(米ドル)ペア対応を検討?CEOがテザー社の問題を受けて発言



サイバーエージェントビットコイン(CA bitcoin)に独占インタビュー

サイバーエージェントビットコイン(CA bitcoin)に独占インタビュー
Q. 仮想通貨の取引所を立ち上げるまでの経緯を教えてください。
A. ブロックチェーンという技術が今後のインターネット全体に普及する時代がくる可能性があると考えており、「エンタメ金融」でも大きな変革が起きるかもしれません。そんな将来に向け、まず取引所やウォレットが整備される必要があると考え、設立に至りました。
Q. 様々な取引所が存在する中、CAbitcoinの優位性は何ですか?
A. 現在の仮想通貨取引所はITリテラシーの高いマイノリティ向けに設計されていますが、CAbitcoinはマジョリティ向けに最適なUI/UX設計のノウハウがある点です。
Q. 取引所のセキュリティー対策はどのようにお考えですか。
A. bitbankと提携し、不正対策を行っていきます。また、他の事業で培ってきたセキュリティ監査技術も加え、 CAグループ主体で対策を進めます。

サイバーエージェントビットコイン(以下CAbitcoin)は、サイバーエージェント(以下CA)が立ち上げた仮想通貨取引事業子会社で、2018年春の運営開始に向けて仮想通貨交換業者への登録を進めています。

CAグループは、メディア事業として、アメーバブログAbemaTVなど、時代の変化に応じたソーシャルメディアサービスを提供しています。

また、ゲーム事業としては、グランブルーファンタジーのCygamesをはじめ、ゲーム制作子会社が人気コンテンツを提供しています。

CAグループが目指す「エンタメ金融」の発展に向けて、CAbitcoinは重要な役割を果たすでしょう。

今回は、CAbitcoin代表取締役の卜部宏樹氏へのインタビューを掲載いたします。

長時間のインタビューにご協力頂いた卜部宏樹氏に御礼申し上げます。

インタビュー内容一覧

Q. CAbitcoinを立ち上げるまでの経緯を教えてください。

もともとCAグループ内で仮想通貨事業への関心が集まっており、取引所事業に限定せず仮想通貨に関連したさまざまな事業アイディアが漠然とありました。

金融庁が正式に仮想通貨交換業者の登録を開始し、仮想通貨取引が社会に根ざしていく可能性が高まりました。

そこで、仮想通貨事業への参入の一歩として、まずは仮想通貨の取引所やウォレットといった基盤をしっかり作っていくことが先決であると考え、CAbitcoinの設立へと至った次第です。

Q. CAグループではいつ頃から仮想通貨事業への参入を考えていましたか。

CAグループは常に新規事業の模索を続けているため、以前から仮想通貨事業に興味を示す社員は何名かいました。

役員会で参入するのが正式に決定したのは、CAbitcoinが設立した2017年10月2日の1ヶ月ほど前だと思います。

Q. 今現在、どの程度までサービス提供への準備が進んでいるのでしょうか。

今春に向けてサービスのリリースを開始する予定で、その準備は順調に進んでいます。

金融庁への登録も並行して進めています。

Q. CAbitcoinのメンバーは何人くらいで構成されていますか。

CAbitcoin専属で取り組んでいる社員が10人ほどです。

金融庁への対応も含め、本社の経営本部からのバックアップもあるため、それも含めると2,30名ほどで事業を進めています。

Q. 様々な取引所運営会社がある中、CAbitcoinではどんな点を差別化して取引所を立ち上げるのでしょうか。

UI/UX(WEBサイト、アプリがユーザー使用のために最適化される使いやすさ)の特化が一つ優位点として挙げられます。

CAグループでは従来AbemaTVなどの他事業でUI/UXの高い評価を受けており、社内にそのノウハウが蓄積されています。

今の仮想通貨取引のボリューム層はいわゆるITリテラシーが高い人であると思っていて、取引所はある意味そういった方向けに作られている印象を受けています。

一方、マジョリティ向けの最適なUI/UX設計はCAグループの得意分野であると所だと考えています。

Q. 金融庁への登録に向けて注力している点は。

金融庁は認可に際してユーザー保護の観点を重要視されているので、やはりプライバシーには細心の注意を払っています。

Q. CAグループは他にも多種多様な事業展開を手がけていますが、CAbitcoinは他事業と比較してどのような位置づけで事業を進めていくのでしょうか。

CAbitcoinのUI/UX設計チームには、社内でもトップのエンジニア、クリエイターを集めています。

ブロックチェーンという技術が今後のインターネット全体に普及する時代がくる可能性があると当社では考えており、ゲーム、メディア、広告事業など他の分野でも大きな変革が起きるかもしれません。

そんな将来に向け、仮想通貨やブロックチェーン技術のプラットフォームとして取引所やウォレットが整備されていることが、CAグループ全体にとっても大きなプラスになると思っています。

Q. CAbitcoinの企業理念はありますか。

新規事業で設立からまだ半年も経過していないため、まだ正式に決めているものはありません。

ただ、仮想通貨そのものを一般の人たちに普及させていくのが我々の信念であると考えています。

Q. CAグループの他事業との提携についてはアイディアはありますか。

まずはユーザーフレンドリーで安全な取引所を作ることが先決です。

一部、ゲーム事業やAbemaTVとの連携についても模索していますが、まだアイディア出しの段階です。

社内では、CAbitcoin主導でグループ内に向けたブロックチェーンの勉強会などを開いたりもしています。

CAグループは全体で約5000人の社員が在籍していますが、勉強会で300人ほど集まることもあります。

エンジニア限定の勉強会だけでも100人集まるほどです。

CAグループは基本的に新しいことが好きな人が多いので、今は仮想通貨、ブロックチェーン技術について知識の底上げを図っている段階です。

これらの分野に対して社内全体の理解が増えると、各部署からアイディアが浮かんでくるだろうと考えております。

そこでCAbitcoinによる取引所があることで、そこを基盤としてさらなる事業展開に繋がるという掛け算を期待しています。

ゲーム、メディアがあり、そこに仮想通貨が絡んでくることでエンターテイメントを基盤としたCAグループ全体のエコシステムを大きくしていくことが最終的な狙いです。

Q. 取引所で一番問題なのはセキュリティ面だと思いますが、その対策はどのようにお考えですか。

ユーザー保護のため、セキュリティ面にはかなり力を入れて開発を進めております。

取引所の開設にはbitbankが提供するホワイトラベルを利用するため、bitbankと連携してしっかりとした不正対策を行っていく考えです。

また、CAグループには様々なコンテンツを運営してきたノウハウがあるので、他の事業で培ってきたセキュリティ監査技術も加え、グループ主体で対策を進めます。

Q. bitbankとの関係は。

まさに二人三脚で開発を進めております。

CA側はUI/UX設計を徹底しています。

HFの対応など、仮想通貨取引そのものについてはbitbankの得意分野のため、開発にはしっかりと住み分けを行っています。

Q. 通貨マイニング業界への進出は考えていますか。

あまり考えておりません。

会社としてはあまり得意分野ではないかなと思います。

Q. 今までCAグループではFX事業への経験があると思いますが、仮想通貨取引との関連はありますか?

本人確認やカスタマーサポートなどでは応用できるノウハウがあると思います。

しかし、当社のスタンスとして、仮想通貨を投資商品としては考えておらず、エンターテインメントの中で互換性のある便利なツールとして普及することを望んでいます。

仮想通貨を「エンタメ金融」として捉えている点では、FXや株式投資とは全くの別物として扱う考えです。

Q. 今後の展望についてどうお考えでしょうか。

直近のことばかりですが、まずは使いやすいUI/UXで安心安全に使えるものをリリースすることに全神経を注いでおります。

カスタマーサポートやセキュリティについても、きちんとした取引所提供のためさらなる対策を考えております。

求人募集:CAbitcoinで働いてみませんか?

サイバーエージェント初の仮想通貨取引所で働いてみませんか?

CAビットコインCX室の立ち上げにあたり、学生インターンを募集しています。

ぜひご興味のある方はこちらをクリックしてみてください。

記事引用元
サイバーエージェントビットコイン(CA bitcoin)に独占インタビュー