ペペキャッシュ(PEPECASH)の将来性を考察!今後の値段は、海外取引所への上場とトークンバーンによるデフレで決まる。について




ペペキャッシュ(PEPECASH)の将来性を考察!今後の値段は、海外取引所への上場とトークンバーンによるデフレで決まる。

最近、仮想通貨の情報を集めていても、ペペキャッシュ(PEPECASH)の高騰がちらほら話題にあがっています!

2017年12月5日では、1PEPECASH 4円前後だったのが、12月8日には、過去最高値28.8円まで高騰し、12月11日現在でも14円前後で推移しています。

この一時的な高騰については、12月4日に上場した「CMSトークンの売りからの流入」だと考えられますが、もともとペペキャッシュは、将来的にとても面白い魅力を持っているトークンなんですね!

そこで、今回は、なぜ将来的に面白いのかということについて、説明していきたいと思います。

ペペキャッシュ(PEPECASH)というトークンの将来性について

※上記は「レアペペ」というトレーディングカードを使用したカードゲームの1つです。
(再生時に、音が出ますので、注意してください)

まずは、そもそも「ペペキャッシュ」というトークンは、何を目的として作られたトークンなのか、解説しておきたいと思います。

ペペキャッシュは「海外版モナコイン」という言い方をすると一番分かりやすいかと思います。

モナコインは、日本最大の電子掲示板2チャンネルの「オマエモナー」というキャラクターがモチーフの仮想通貨になりますが、ペペキャッシュは、海外の電子掲示板4チャンネルの「カエル」がモチーフにされたトークンになります。
※2チャンネルは、現在「5チャンネル」に名称が変更されています。

さて、では、このペペキャッシュとモナコインの違いは何かと言うと、利用用途になります。

ペペキャッシュの唯一の使用用途は、「レアペペ」というトレーディングカードを売買できることです。

一見、昔であれば「仮面ライダー」や「プロ野球チップス」のカード、今であれば「遊戯王」や「ポケモン」のトレーディングカードと同じように見えますが、ブロックチェーン上にカードが登録されるため、メーカーなどの第三者を返さずに取引ができ、永遠に価値を持ち続けることができます。

また、最近では、レアペペを使用したトレーディングカードゲームなどの開発もされていますので、そのうち、ゲーム内通貨としての役割も持つようになれば、さらにぺぺキャッシュの需要が増すかもしれませんね。

今後の値段は、トークンバーン(Burn)によりデフレで高騰!

pepecash-chart1

本題に入る前に、ペペキャッシュというトークンが何をもとに作成されているのか説明していきたいと思います。

ペペキャッシュトークンは、カウンターパーティー(Counterparty)というオープンソースの金融プラットフォームからできています。

このカウンターパーティー(Counterparty)というトークンは、ビットコインのブロックチェーンを利用しており、約260万XCPと発行枚数が決まっています。

厳密には、Proof of Burnという仕組みを利用して、ビットコインの一部を破壊し、作り出されたトークンになります。

そして、このトークンの特徴は、自分のXCPを消費して、独自の通貨を発行することができるというところにあります。

つまり、ペペキャッシュは、カウンターパーティーの独自通貨発行機能を利用して作られたトークンであり、こちらもカウンターパーティーと同様、約7億PEPECASHと発行枚数が決められています。

通常のトークンや仮想通貨でも発行上限が、初めから決められていることはよくありますね。

しかし、このペペキャッシュは、なんと、毎週、手数料としての収入の半分または、全てをバーン(Burn)する仕様となっています。

つまり、ペペキャッシュの発行枚数が決められているにも関わらず、毎週バーン(Burn)にて焼却され続けるため、時間が立てば立つほど、今 存在しているトークンの希少価値は、どんどん上がっていくことになるのです。

一般的に言う「デフレ」の状態が意図的に作り出されているわけですね。

理論的には、今、この記事を読んでいる間にも、世の中に出回っているトークンの一部がバーンされ続けており、微小ながらも1ペペキャッシュの価値が上がり続けていることになります。

海外取引所への上場の可能性とトークンの購入方法

ペペキャッシュというトークンは、これだけ話題になっていますが、実は世界で2つの取引所しか取り扱いをしていません。

  • TuxExchange(カナダ)
  • Zaif(日本)

そのため、今後、ポロニエックス(Poloniex)やビットレックス(bittrex)などの大手取引所への上場が決定した場合、大化けするかもしれませんね。

もともと海外のコミュニティの発祥ですし、コミュニティが強い通貨というのは、一度 拡散されると勢いが凄いので、大手海外取引所が、採用を検討する可能性は、十分にあると考えられます。

折角 日本という購入しやすい環境にいるので、上場が話題になる前に、少し分散投資しておくのもよいかと思います。
※勿論、投資は自己責任でお願いします。

取引所ZAIFでの購入方法

ぺぺキャッシュの購入には、まず、取引所ZAIFの口座を開設する必要があります。

口座開設手順については、以下の記事に詳しく記載していますので、参考にしてください。

参考:zaifの口座開設方法と使い方を紹介。独自の積立システムや入金方法、取り扱い通貨まで徹底解説!

pepecash-chart2
  1. 口座が開設されたら、ZAIFにログイン後、通貨ペアのリストを開く
  2. 「トークン」をクリック
  3. 「PEPECASH/JPY」または「PEPECASH/BTC」をクリック
pepecash-chart3
  1. 「PEPECASHを買う」をクリック
  2. 「指値」または「成行」をクリック
  3. 指値価格を入力
  4. 買いたい量を入力
  5. リミット売りを入力
    ※リミット売りとは、注文と同時に、利確の売り注文を一緒に出すこと
  6. 「買い注文」をクリック

「成行」を選択した場合、「指値価格を入力」と「リミット売り」は入力できません。

また、売る場合も「PEPECASHを売る」から購入と同じような感じで、売却が可能です。

記事引用元
ペペキャッシュ(PEPECASH)の将来性を考察!今後の値段は、海外取引所への上場とトークンバーンによるデフレで決まる。



ダイダロスウォレットのダウンロードと送金方法を解説。ADA(エイダ)コインの保管以外のメリットも紹介!

「ダイダロス」は、ギリシア神話の有名な発明家からとった、ADA(エイダ)コインのウォレットです。

もちろん、エイダコインの保管だけではなく、取引履歴のチェックやトランザクションの確認なんかもできますよ!

2017年12月10日現在、エイダコインのウォレットは、このダイダロスウォレットのみですが、最新リリースバージョンは0.5.1と、まだまだ開発中のようです。

将来的には、ビットコイン、イーサリアムクラシックへの対応や、ステーキングなどさまざまな機能が追加される予定で、しかもスマホ版も開発中とのことで、非常に楽しみですね!

もちろん、日本語対応もされていて操作も簡単なので、とても使いやすいです。

ここでは、ダイダロスウォレットのダウンロードとインストール、そして送金など基本的な使い方について説明します。

ダイダロスウォレットのダウンロードとインストール

ダイダロスウォレットは、Windows版とmacOS版がありますが、どちらも64ビット版しかリリースされていません。

PCが32ビット版の場合は動作しませんので、注意してくださいね。

PCが64ビット版か32ビット版かを調べる方法は、OSやバージョンによって様々ですので、Googleなどの検索エンジンで「Windows 64bit」あるいは「mac 64bit」で検索して確認しましょう。

ダイダロスウォレットのダウンロード

まずは、ダイダロスウォレットのダウンロードをやりますので、公式サイトのダウンロードページを表示します。

ここでは、Windows版について説明しますので、macOS版の場合は適宜読み替えてください。

外部リンクアイコンダイダロスウォレット公式ダウンロードサイトはこちら

ada-wallet-daedalus2
  1. 画面右上の「ENGLISH」をクリックして「日本語」に切り替え(既に日本語の場合は不要)
  2. 「ダウンロード」をクリック
  3. 「Windows」か「macOS」か、どちらか該当するほうをクリック
  4. →この画面は日本語にはできないようです。

インストーラー(Windows版は104MB)がダウンロードされますので、ダウンロードが完了したらダブルクリックなどでインストールを実行します。

OSのバージョンによっては、確認画面などが表示されることがありますが「はい」を選択して続行してください。

ウォレットの起動とブロック同期

インストールが終了すると、デスクトップにアイコンが追加されますので、そのアイコンをダブルクリックして、ダイダロスウォレットを起動します。

ada-wallet-daedalus3
  1. 言語を「Japanese/日本語」に切り替え
  2. 「Continue」をクリック
ada-wallet-daedalus4
  1. 利用規約を確認してチェックをON
  2. 「次」をクリック
  3. 「中央サーバーにログを送信する」が表示されるので「次」をクリック

画面が切り替わって「ブロック同期中」と表示されるので、同期が終わるまでしばらく待ちます。

PCやネットワーク環境にもよりますが、数十分から1時間程度かかる場合があります。

ウォレットの作成

ブロック同期が終わったら、次はウォレットを新規作成します。

ada-wallet-daedalus5
  1. 「ウォレット新規作成」をクリック
  2. 「ウォレット名」を入力
  3. →ウォレット名は作成後に「設定」メニューから変更可能

  4. 「パスワードを有効にする」のスイッチを右へスライド(有効化する)
  5. 設定したいパスワードを2カ所に入力
  6. →パスワードは「英大文字小文字、数字を全て含んだ7文字以上」となっていますが、セキュリティ強化のため32文字以上を設定しましょう

  7. 「個人ウォレットを作成」をクリック
ada-wallet-daedalus6
  1. 復元フレーズの説明を確認し、チェックをON
  2. 「次」をクリック
  3. 復元フレーズ(12個の英単語)が表示されるので紙かファイルに書き留める
  4. 「はい、書き留めました」をクリック

復元フレーズは、何らかの障害(PCが壊れるなど)で、作成したウォレットにアクセスできなくなった場合に、他のPCなどでウォレットを復元するときに使用します。

紛失するとウォレットに入っているエイダコインが取り出せなくなりますので、大切に保管してください。

また、他人に知られると、その人はこのウォレットに自由にアクセスできるようになりますので、絶対に他人に漏れないようにしてください。

ada-wallet-daedalus7

復元フレーズの英単語が1つ1つボタンになって表示されますので、復元フレーズの順番通りに1つ1つクリックします。

スペースは自動的に入力されますので、特に気にする必要はありません。

12単語を全て入力すると画面が切り替わります。

ada-wallet-daedalus8
  1. 2つの説明を確認し、チェックをON
  2. 「確認」をクリック

これで、ウォレットが作成できました。

ada-wallet-daedalus9

上図のように、ウォレット名と「0.0000000A」と表示されていれば、正しくウォレットが作成されています。

ダイダロスウォレットは、複数のウォレットを作成することもできます。
新規にウォレットを作成する場合は、画面左下の「+ウォレットを追加」をクリックします。

ダイダロスウォレットの送金方法と入金方法

ウォレットが作成できたら、次は入金と送金をやってみましょう。

操作手順は、他の通過のウォレットや、取引所での入金、送金とほとんど同じです。

ウォレットへの入金方法

ada-wallet-daedalus10
  1. 画面上部の「入金」をクリック
  2. ウォレットアドレスの後に表示されているコピーアイコンをクリックしてアドレスをコピー

画面上に「ウォレットアドレスのコピーに成功しました」と表示されれば、クリップボードにアドレスがコピーされていますので、送金元の宛先にペーストして送金してください。

ウォレットからの送金(出金)方法

ada-wallet-daedalus11
  1. 画面上部の「送金」をクリック
  2. 「受取人」に送金先のアドレスを入力
  3. 「金額」に送金する数量を入力
  4. 「次」をクリック

「次」をクリックすると、確認画面が表示されますので、間違いがなければパスワードを入力して「送金」をクリックします。

手数料は予め差し引かれていますので、「金額」に入力した数量が送金先に届きます。

ネットワークの状況や送付先の状況にもよりますが、早ければ1~2分で着金します。

ADAコインのロードマップにある今後の開発予定

ada-wallet-daedalus12

2017年12月10日現在のダイダロスウォレットは、送金・入金・トランザクションの確認の機能が実装されています。

ただし、12月1日に発表されたロードマップでは、

  • ビットコインとイーサリアムクラシックの対応
  • Android版とiOS版のモバイルウォレット
  • ADAコインを所有することによるステーキング機能の実装
  • コミュニティにより構築されたアプリケーションや暗号通貨の使用が可能なアプリストア

を実装予定と発表されています。

対応通貨の選定はさておき、ビットコインのウォレットとしても使えるというのは、ありがたいですね。

また、スマホ版がリリースされると、一気に普及していくのではないでしょうか。

是非、スマホ版も日本語かして欲しいところです。

しかし、なんと言っても、一番大きいのはビットコインのマイニングに当たるステーキングですね!

エイダコインのマイニングは、PoSという方式をとっており、これは保有量×保有期間で計算された「coinage」という数値が大きいほうが、マイニングが有利になる(ブロック生成権を得る)アルゴリズムなのです。

つまり、たくさんのエイダコインを長く持っていたほうが、マイニング報酬を受け取りやすくなります。

2017年12月10日時点では、どの程度の数量と保有期間でどのくらいのマイニング報酬が得られるのかは不明ですが、PCの計算能力の勝負になっているビットコインなどのマイニングと違い、保有するだけでエイダコインが報酬としてもらえる仕組みは、非常に魅力的ですね!

エイダコインの購入でオススメの取引所は、最近上場したBinance(バイナンス)です。

バイナンスの口座開設は、以下の記事にまとめていますので、参考にしてください。

参考:Binance(バイナンス)取引所の登録方法(口座開設)や使い方を解説。日本語対応されて仮想通貨トレードがとても簡単!

本人確認は免許証+英語表記の追記でできますし、手数料も0.1%(BNBトークンを使えば0.05%)とお得です!

記事引用元
ダイダロスウォレットのダウンロードと送金方法を解説。ADA(エイダ)コインの保管以外のメリットも紹介!



BitZeny(ビットゼニー)はC-CEX取引所で購入可能。モナコインと同じ国産仮想通貨の買い方を紹介!

モナコインと並んで国産の仮想通貨である「BitZeny(ビットゼニー)」。

いままでは、一部のコミュニティの間だけで取引されていましたが、モナコインが暴騰したことにより、同じ国産の仮想通貨ということで急激に注目を浴びています!

ただし、日本の取引所はもちろんのこと、海外の取引所でもメジャーなところは全く取り扱いがありません。

「C-CEX」という海外の取引所が取り扱っているのが、唯一といていいくらいです。(2017年12月8日現在)

しかも、この「C-CEX」は日本では、ほとんど知られていないでしょうね。

それもそのはず、24時間の出来高は世界第64位(2017年12月7日現在)。

もちろん日本語対応されていません。

「めんどくさい」と思うかも知れませんが、みんながそう思うからこそ、投資的にはチャンスですね!

ここでは、ビットゼニーとその買い方について解説していきます。

外部リンクアイコンC-CEXの公式サイト(口座開設)はこちらから

BitZeny(ビットゼニー)とは

bitzeny-exchange2

国産仮想通貨でありながら、国内で取り扱っている取引所もなく、いままで一部のコミュニティでのみ指示されてきた「BitZeny(ビットゼニー)」とはどういう通貨なのでしょうか。

ここでは、「BitZeny(ビットゼニー)」について少しおさらいしてみましょう。

BitZeny(ビットゼニー)はモナコインと同じ国産仮想通貨

ビットゼニーの通貨としての基本仕様は次のようになっています。

bitzeny-exchange3

同じ国産の仮想通貨としてよく比較されるモナコインは、発行量が1億512万枚なので、約2倍ですね。

半減期は500000ブロックごとなので、約1年半ほどです。

ビットコインの半減期、約4年と比較すると、かなり速いサイクルです。

マイニング方式はビットコインやモナコインなどと同じPoWですが、特徴はGPUなしでもマイニングできるところ。

公式サイトのキャッチフレーズは「普通のPCで採掘できる仮想通貨」ですからね!

BitZeny(ビットゼニー)の最近のチャート

bitzeny-exchange4

上図は12/5~12/7のZNY/BTCの1時間足です。

12/5に1ZNY = 0.00000298BTCだったのが、12/6に急騰し0.00004840BTCの16倍になりました。

その後、12/7には0.00001179BTCまで落ち着いていますが、それでも12/5から見れば4倍ほどです。

これは、12/6に同じ国産仮想通貨のモナコインが暴騰して2000円を超えたため、同じく国産でコミュニティに指示されているBitZenyが注目を浴びたためですね。

0.00000298BTCといえば、1BTC = 170万円としても、たった5円ですからね。

ちなみに、11月末ごろまでずっと0.00000124BTCくらいでしたので、この3日間で急騰はかなり異常です。

BitZeny(ビットゼニー)の買い方

ビットゼニーは、いままで一部のコミュニティで支持されてきましたが、実は日本の仮想通貨取引所では、どこも取り扱っていません。

それどころか、海外の取引所を合わせても、取り扱いがあるのは、「C-CEX」という取引所1つと言ってもいいくらいです。(2017年12月8日現在)

残念ながら、日本語対応はされていませんので、英語表記で操作することになりますが、簡単ですので、一旦操作を覚えてしまえば大丈夫です!

ここでは、C-CEXの口座開設方法と入金、ビットゼニーの買い方について説明します。

もちろん、C-CEXにはビットゼニー以外にも、たくさんのアルトコインが取り扱われていますが、どれも売買の方法は同じです。

C-CEX取引所の口座開設方法

口座開設は、まずC-CEXの公式サイトを表示します。

外部リンクアイコンC-CEXの公式サイト(口座開設)はこちらから

bitzeny-exchange5
  1. 公式サイトの「Create account」をクリック
  2. メールアドレスを入力
  3. ログインIDとして設定したい文字列を入力
  4. パスワードを入力
  5. →パスワードは、半角英数記号を組み合わせた32文字以上を設定しましょう。

  6. 確認のため再度パスワードを入力
  7. 「Terms and Conditions(規約と条件)」を確認しチェック
  8. 認証のため表示されている文字列を入力
  9. 「CREATE ACCOUNT」をクリック

「CREATE ACCOUNT」をクリックすると、登録したメールアドレスにメールが届きますので、本文中にあるURLをブラウザで表示します。

これで口座が開設されましたので、先ほど登録したログインIDとパスワードを画面上部の「Login:」「Password:」にそれぞれ入力してサインインしましょう。

【注意!】
C-CEXはショートメンテナンスを頻繁に行うようで、以下のような画面になることがあります。

bitzeny-exchange6

この画面が表示されたら、数分待ってから再度同じ操作を行いましょう。

2段階認証の設定

C-CEXに限らず、仮想通貨取引所の2段階認証の設定は必須です。

スマホを持っているのであれば、必ず設定しておきましょう。

スマホに予め2段階認証アプリ(Android版は「Google 認証システム」、iOS版は「Google Authenticator」)をインストールしておいてください。

bitzeny-exchange12
  1. 画面右上のログインIDをクリック
  2. 「2-FACTOR AUTH.」タブをクリック
  3. 「SETUP GOOGLE AUTHENTICATOR」をクリック
  4. 表示されたQRコードを、スマホの2段階認証アプリで読み込む
  5. 2段階認証アプリに表示された認証コード(6桁の数字)を入力
  6. 「COMPLETE」をクリック

C-CEX取引所への入金

C-CEXは海外の取引所ですので、日本円の入金はできません。

したがって、ビットコインなどの仮想通貨を入金して他のアルトコインを売買することになります。

C-CEXの基本となる通貨は、BTC(ビットコイン)、LTC(ライトコイン)、DOGE(ドージコイン)の3種類ですので、このどれかを入金するのがいいでしょう。

bitzeny-exchange7
  1. 画面左側メニューの「LEDGER」をクリック
  2. 一覧が表示されるので入金するコインの「Get new address」をクリック

「Get new address」をクリックすると、C-CEXへの入金アドレスが表示されますので、送金元の宛先にコピーして送金します。

BitZeny(ビットゼニー)の売買方法

ビットゼニー購入用の入金が済んだら、次はビットゼニーを購入しましょう。

まずはビットゼニーの売買板とチャートを表示します。

もし、コインの一覧が表示されている場合は「Favourite coin」をクリックして閉じておきます。

bitzeny-exchange8
  1. 画面左側メニューの「TRADE」をクリック
  2. 「Hot BTC pairs」の「ZNY」をクリック

ビットゼニーの場合は、「Hot BTC pairs」に出ていることが多いですので、そこをクリックすれば表示されます。

また、出ていない場合は画面右側に通貨の検索ボックスがありますので「zny」と入力して、表示された「zny」をクリックしてください。

bitzeny-exchange9
  1. 「Amount to buy」に購入するビットゼニーの数量を入力
  2. 「Price per ZNY」に購入価格(レート)を入力
  3. 「BUY ZNY」をクリック

「Amount to buy」と「Price per ZNY」の2つの数値を入力すると「BTC to spend:」(必要なBTC数量)は自動計算されます。

また「Amount to buy」の代わりに「BTC to spend:」を先に入力すると、「Amount to buy」が自動計算されます。

下に表示されている板情報の価格や数量をクリックすると、自動で該当する項目に数値が入力されますので、それを使うのもいいですね。

手数料は、0.2%とちょっと高めです。

逆にビットゼニーを売る場合は、右側に表示されている「Sell ZNY for BTC」に同じように売却するビットゼニーの数量、売却価格(レート)を入力して「SELL ZNY」をクリックします。

C-CEX取引所からの送金(出金)

最後にC-CEXから送金(出金)する方法について説明します。

ここではビットコインを例に説明しますが、もちろん どのコインでも手順は同じです。

また「WITHDRAW(出金)」ボタンは、そのコインが入っている状態でないと表示されませんので注意してくださいね。

bitzeny-exchange13
  1. 画面左側メニューの「LEDGER」をクリック
  2. 送金するコインの「WITHDRAQ」をクリック
  3. 送金先のビットコインアドレスを入力
  4. 送金数量を入力
  5. スマホの2段階認証アプリに表示されている認証コード(6桁の数字)をクリック
  6. 「TRANSER」をクリック

実際には手数料が引かれた分の数量が送金されますので、予め手数料分だけ多く設定してください。

手数料はコインによって違いますが、ビットコインのように高値になったコインは手数料もかなり多くなっていますので、送金前に十分注意してください!

また右側に表示されている「TRASH(ゴミ箱)」は絶対にクリックしないようにしてください!

「TRASH」をクリックすると、そのコインが消失します。

記事引用元
BitZeny(ビットゼニー)はC-CEX取引所で購入可能。モナコインと同じ国産仮想通貨の買い方を紹介!